お知らせ 京都川上服飾専門学校

新着情報

2024年

5月

19日

園長ご飯

園長ご飯

 

季節ならではの食材を美味しくいただく

 

その楽しみを感じながら、日々の食事をしています。

 

衣食住は繋がっています。

 

良い仕事をするには、良い生活

良い体調、良いリズムで過ごしてほしいものです。

 

そこから、入りいろなものが生まれ

育っているかと思います。

 

皆さんも日々のなかに、少しでも取り込んでみてはいかがでしょうか?

 

創造するとき、クリエイティブなことを考える時、日々の活動がその下支えになっていることを感じて欲しいです。

 

一長一短で、新しいものは生まれません

 

今回は、手作りの鯖寿司をいただきました。

 

ほどよいお味で、身体に染み入りました。

 

0 コメント

2024年

5月

15日

ブラウス製作後のバリエーションに取り組んでいます。

ブラウス製作後のバリエーションに取り組んでいます。

 

まずは襟元からバージョンを展開しています。

 

ようやく、基礎のブラウスができ

その展開を考えて取り組めるようになりました。

 

その他の、製作にも良い影響がでるよう、しっかりと取り組んで実績を一つ一つ積み重ねて欲しいです。

 

また、進捗をご報告します。

お楽しみに

 

0 コメント

2024年

5月

12日

カーネーション(さくらもなか)をいただきました

カーネーション(さくらもなか)をいただきました

 

毎年、母の日にいただいています。

このカーネーションは「さくらもなか」という名だそうで

送っていただいている方も、どういう謂れの名なのかも分からないそうです。

 

毎年ありがとうございます。

もう25年来のお付き合いになりました。

 

これからもお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

0 コメント

2024年

5月

04日

菊芋の根をいただき、植えてみたら、、、

菊芋の根をいただき、植えてみたら、、、

 

先日、いただいた菊芋の根を植えてみました。

 

みるみるうちに、大きく育ち

立派な葉をつけました。

 

このあと、花が咲き、芋ができるようです。

 

この鉢植でどこまで、大きくなってくれるか分かりませんが

 

楽しみに育てています。

 

0 コメント

2024年

5月

03日

ジャスミンが満開

ジャスミンが満開です

 

近くを通るだけで、とても良い香りがして

毎日楽しい時間を提供してくれています。

 

姿だけでなく、香りでも癒しを与えてくれる植物の存在って

ステキですね。

 

2024年

5月

01日

5月のご挨拶

いろいろなメディアによれば ストレスで心が折れそうな時はチクチクと縫うことで何かを創ると癒されます、、、とか

 

心が疲れたら竹針と手編糸でセーターなどを編むと生命(いのち)のチャージができますよ、、、というようなことばが増えてきました。

 

そういうことなら私は93才になる今までの長い年月の間 心を癒され生命のチャージを受け続けてきました。

 

幼い頃 母や姉たちに手ほどきを受け一条校に通学中も針や糸でシコシコと楽しみました。

 

 

専門学校で基本と基礎を学び視野が広がりました 又それぞれの道のオーソリティな師匠にめぐり会えたことも幸福(しあわせ)だったと思います。

 

それぞれの道の師匠が折にふれて基本的な考え方と基礎テクニックをしっかり植え付けて下さったことは大きな宝物として今の日々の中に在ります。

 

この宝物を次世代に伝えるのが私の役割かななどと思いつつ 糸や布を手にするといろいろなイメージが湧き立ってワクワクします。 この楽しみ、この喜びをできるだけ大勢の人々にさしあげたいものです

0 コメント

2024年

4月

21日

園長ごはん

園長ご飯を紹介

 

彩りはいかがでしょうか

「しなやか さわやか あでやか」

を意識して、日々の食卓を楽しんでいます。

 

2024年

4月

20日

お雛さん(十二単)

お雛さんをいただきました。

 

すべて正絹の単衣を重ねて

十二単をまとったお雛さんをいただきました。

 

重ねる色の順番によって、印象が変わってきます。

 

いかがでしょうか?

 

白と赤から始まり、水色、緑など

組み合わせによっての名前もあるようですが、皆さんのお好みはどのような組み合わせでしょうか?

 

色の組み合わせを考えるのも、

服飾の楽しみの一つです。

 

配色、着る人の肌の色との相性

季節感、生地の種類による風合いなど、様々な組み合わせで服飾は成り立っています。

 

そんな楽しみを感じながら、服飾に携わっていると、やりたいことがどんどん湧き出てきます。

 

一生できる、やりがいのあることかと思います。

 

皆さんもぜひ、服飾を一緒に楽しみましょう!

 

 

0 コメント

2024年

4月

16日

ベビーカーディガン完成しました

ベビーカーディガンが完成しました。

 

オリジナルのデザインでおしゃれなカーディガンが出来上がりました。

 

他にはない、一点ものです。

 

毛糸もウール100%で、肌触りもよい柔らかいもので、赤ちゃんにぴったりの仕上がりになりました。

0 コメント

2024年

4月

15日

すみれ、ローズマリー

すみれが、とっても可愛い花をさかせました。

 

薄紫のラインが入って、キリっとした可愛らしさのある姿を見せてくれました。

 

実はこのすみれ、植えたわけではなく

いつからか、川上学園の鉢植えに根をつけ、いつのまにか花を咲かせるようになりました。

 

偶然の出会いとはいえ、可愛い姿をみせてくれると愛着がわくもので

毎年の楽しみになっています。

 

横に或るローズマリーも、すみれを意識してか、可愛い小さなお花をつけました。

 

普段は、食卓の香りづけに使っているローズマリーですが、こんなお花も見せてくれます。

 

0 コメント

2024年

4月

12日

さくら(桜)のおすそわけ

川上学園から東へ少し、鹿ケ谷通りへ向かって通りを入ったところに、桜が満開の絶景がありましたので、皆様にも少し、おすそわけします。

 

今年は、日本全国どちらも桜の絶景が見られたようで、それぞれで楽しまれたのではないでしょうか?

 

是非、それぞれ楽しまれた桜の風景をおしえていただければ嬉しいです。

 

0 コメント

2024年

4月

01日

4月のご挨拶

昔、服飾の道を歩んで行くのなら 少しもはなやかに さわやかに あでやかに しなやかに生きたいと想ったものでした

 

若さもあり 若い人たちと話し合い 工夫をして楽しみました

 

時代は代わり コロナのせいもあり 世界のあちこちで戦争が出現して 優しい場面は減りました

 

それでも ちょっぴりさわやかに あでやかに そして しなやかさも維持して生きたいと思います。

 

食事に気配りをして 内側からの表現をし 着るもので その日その日の想いを表現して心の糧にします

 

毎日の衣類は身体を守り 心の元気を支え その日の お仕事に適したゆとりと運動量 プラス楽しさ さわやかでしなやかさも盛り込んで 活気のある日を創り出します

 

まずは基本的考え方を持ち基礎のハンドワークがあれば 心身ともに元気に過ごせます

 

0 コメント

2024年

3月

24日

2024年度生募集中

 

0 コメント

2024年

3月

23日

3月のご挨拶

 

朝、二階の窓から真白な景色が見えました

三月も下旬というのに雪が降ったのです。

 

その雪は太陽の光と共に間もなく消えました。

私たちの人生や仕事にも”こういうタイミングが有るのですよ”と知らされているようです。

 

山の木々も鉢植の植物たちもよく見れば何やら芽がふくらみ花芽の粒が見えるのも有ります。

 

春への準備ができているのです

 

私達も目標への準備をしっかりとしなければなりません

 

服飾界は先の戦争の前後から驚異的な発達をして参りました

そのファッション界の裾野の一角でひたすら種蒔きをして来た川上学園です

 

今世界は2Dから3Dへと進んでいます。

強い主観を持ち自分のモノの見方を構築して行く時季です

 

 毎日 毎日小さなコトを解決することで新しいコトへの学びをする

その学びが次のステップへと押し上げる その進路に進歩への障害が有るならば

除かなければなりません

 

それには真正面から向き合い、その上で自分の進もうとするプロセスをイチパート又イチパートをきちんと進んで行けば良いということを学ぶ そうして希望の方向へ進んでいれば、いつか障害は消えているということを学ぶ

 

学習・仕事・人生などにしがみついて

小さな穴を掘るようなことをしないで

今自分が出せる力を最大限出しワクワクする想いで何をしておくのが最良かと探し見つけ「実行」して行きましょう

 

もうすぐ春です

 

0 コメント

2024年

3月

22日

マイボディ制作中

マイボディ制作中

 

川上学園では、必ずマイボディを製作します。

 

基礎がひと段落したところで、

いよいよ平面から立体へと取り掛かります

 

トワールカッティングの入り口です

 

先ずは、既成ボディではじめ

次に、自身のサイズに合わせた「マイボディ」を制作します。

 

ますます、立体のむつかしさ、楽しさを感じながら製作に取り掛かります。

 

 

さぁ、どこまで習得できるでしょうか?

自身の頑張りに期待です。

 

次の作品をお楽しみに!

0 コメント