お知らせ 京都川上服飾専門学校

新着情報

2021年

8月

02日

卒業生(森朱美さん)が訪ねてくれました。

卒業生「森朱美」さんがお子さんを連れて訪ねてくれました。

 

森さんは「カシオペイヤ」(大阪府貝塚市)というアトリエを運営されています。

 

布まわり案内人 カシオペイヤ

http://kaciopeiya.starfree.jp/

 

アトリエ活動とあわせて、美術大学で洋裁の教鞭もとられています。

 

森さんは今、「日本茜」に注目されていて、「茜染め」の布で、

ブラウスやおくるみなどの作品も制作されています。

 

今後の活躍にますます期待ですね。

 

川上学園で、ともに学んでいたのを昨日のように思い返されますが

卒業後、様々な活動をされて、活躍している姿を見せてくれると感慨深いです。

 

 

0 コメント

2021年

8月

01日

8月のご挨拶

夢は、あこがれ。夢があれば

心がなごやか

夢は大きいか小さいか

夢が叶えられるとき

 

それは、人生の終わりの頃かしら

生きて来て、よかったなぁと思える頃に

支えて下さった、大きな大きな力に

有難うございます。

 

あなたは、夢をお持ちですか

小さな夢ならすぐに叶えられるでしょうか

小さな夢でも、なかなか叶えられないことも

あります。

 

それでも夢は、暖かく優しく

心をつつみこんで、ささやきます

叶えられると信じて、工夫して又トライして

つまづいても、立ち上がってゆきましょうよと

 

ほほえみかえしてくれます♡

 

0 コメント

2021年

7月

31日

刺繡週間を開催しました。

7/26-31 刺繍週間を開催しました。

 

刺繍の基礎、基本を習得するために始めた取り組みが、毎年恒例になりました。

 

繰り返し作業することによって

手が覚えて、「習慣」になれば良いなと思います。

 

また、土台、基礎がしっかりしていると、洗濯しても丈夫で、長年楽しんでいただける作品が出来上がります。

 

糸は使い放題で、何度も作業を反復してもらえます。

 

0 コメント

2021年

7月

20日

スカートが完成しました。

スカートが出来上がりました。

 

次はブラウスと合わせた、

トゥーピースに取り掛かります。

 

完成をお楽しみに!

0 コメント

2021年

7月

07日

夏の如意ヶ岳(大文字山)

川上学園の裏山、竹中稲荷さんの境内に登ると、如意ヶ岳(大文字山)がよく見えます。

 

夏の如意ヶ岳(大文字山)は緑豊かで迫ってくるような迫力があります。

 

五山の送り火の季節が近づいてきました。

今年も、規模を縮小しての開催のようですが、ご先祖をお送りする気持ちは、変わらず、過ごしたいと思います。

0 コメント

2021年

7月

05日

サボテンの花

川上学園のエントランスにサボテンの花が咲いています。

 

枝がニョキっと伸びて、その先に、緑の蕾、ピンクと黄色の花弁がかわいく開いています。

2021年

7月

02日

スカート制作実習

スカート制作実習

 

・裏地の取り付け

・ファスナー取り付け

 

残すは

 ベルトの仕上げ

 中綴じ

 裾の仕上げ

 

仕立てにもひと工夫しておけば

自宅でもクリーニングできるスカートが完成します。

長く、着続けられるものを丁寧に作る。

皆さんも一度、いかがでしょうか?

 

さてさて、今月中に完成するのでしょうか?

 

次は、このスカートに合わせて、ブラウスを制作予定です。

0 コメント

2021年

7月

01日

7月のご挨拶

7月のご挨拶

 

花がいっぱい咲いた春が飛んで行って、オリムピック・パラリンピック開催だというのに、コロナは感染力を弱める風でもなく、もう、賢くウイルスとは付き合う他はないようですね。

 

あれこれ対策を工夫しながら、生活向上を目指して、毎日を創造するのが良いようです。

 

令和の衣生活を快適にしましょう!

 

歩く、自転車、バイク、自動車、巣ごもり自動車、バイク、自転車、歩く、、、と

考えると、ワンピース、ブラウスとスカート、Tシャツとキュロット、シャツとズボン、リラクシングウエアー、シャツとズボン、Tシャツとキュロット、ブラウスとスカート、ワンピース、、、、、、、となりますか

 

衣生活設計を考えて創作のプロセスを楽しみましょう。

 

0 コメント

2021年

6月

29日

卒業生が訪ねてくれました。

1月に生まれた赤ちゃんを連れて

卒業生が訪ねてきてくれました。

 

これまで浴衣ドレスなど、自身でデザインし、制作したものの販売をし、「布まわりの案内人」として、活躍してきた彼女は、京都の大学にて服飾(洋裁)を教えていました。

 

この秋から、産休が明け、復帰とのこと

 

ますます、彼女の活躍が楽しみです。

 

また遊びに来てくれるのを楽しみにしています。

0 コメント

2021年

6月

13日

十薬(じゅうやく)の花が咲きました

十薬(じゅうやく)の花が咲きました。

 

葉を乾燥させ、煎じ、煮だしたものが十種類の疾病に効くということから、この名前がついたそうです。

 

伝統的なお薬のようで、今年も作ってみようと思います。

 

ご入用方がおられましたら、お声掛けください。

0 コメント

2021年

6月

04日

道路工事

前の道路工事が完了しました。

 

川上学園の目の前の道路で

ドドドーととても大きな音を立てて

削り、舗装をし直す工事がありました。

 

途中途切れた箇所があり、不思議に思って

担当の方に聞きましたら、国と市の管轄違いで「しょうがない」のだそう。

 

せっかくだから、まとめて綺麗にしていただければ嬉しいと思ったのですが

「大人の事情」があるのでしょうか、、、

 

しばらく、不思議に思いながら、前の道を歩くことになりそうです。

 

近くにお越しの機会がございましたら、ぜひご覧ください。

 

 

0 コメント

2021年

6月

03日

スカートの原型制作中

スカートを制作中です。

 

衣服を制作するプロセスの最初

 

例えば

「材料を準備する」段階で、「地の目を通す」などの大切な作業がいくつかありますが、しっかりと段階を踏めば、後の工程に良い影響を与えることができます。

 

今取り組んでいるスカート制作も初期段階で、

「私にとってのベストサイズを見つける」

「生活様式に合わせたスカート丈を見つける」ことをします。

 

ほんとうの美しさって何でしょう?

 

どのように見えているのか、どのように見られたいかをイメージする。

とても大事なことです。

 

それを踏まえて、具体的なパターンを決めていく。

そのようにアプローチしています。

 

さて、どのようなスカートが完成するのか、これから楽しみです。

 

またご報告します。

 

0 コメント

2021年

6月

01日

6月のご挨拶

梅がたわわに実る頃、降る雨を梅雨と言うんだそうです。

 

梅は私たちの長年の健康食品

毎日のように食卓に登場します。

 

 南高梅が昨年は不作で心配しましたが、今年は豊作だそうです。

梅にあやかって私たちもとっても元気に働いてをります。

 

 地味ですが、しっかりと人々を支えている梅のように、

 

川上学園の卒業生たちは皆さん在学中、基本的な考え方と生涯役立つ基礎技術を学び、卒業してからは、いろいろな人生を積み上げて居られます。

 

 

 基本を守り、基礎を伝え続けるのはとても大変ですけれど、協力して下さる方々が大勢いらっしゃるのと、受け止めてくださる学生さんが在学されるので、元気に続けられます。

 

令和3年度もベース作りからコツコツです。

2021年

5月

16日

5月のご挨拶

コロナがつきまとう毎日ですが、

お元気でしょうか。

 

川上学園は皆で健康維持の努力を続けております。

 

5月15日(土)、ラジオから流れた天気予報は、特別早い梅雨入り。

 

雨の多い日に用服は、プラケースの中

仕事場で着るのは要服?用服?

 

緊張を伴うビジネスの場の要服は、サッとはおれて、サマになる服

 

ひとりの時間を楽しむ時の用服

 

良い眠りのための要服

 

必要な服は自分に合う服を作って着よう

 

基本と基礎は創作力を育てるベース

 

とっても根気の要ることですけど

 

 川上学園は

「基本と基礎を拡めることから逃げない」を大切にしています。

 

写真は

ハンドワーク、スタート時のお道具一式です。

 

0 コメント

2021年

5月

12日

玄関は花ざかり

5月(皐月)、川上学園のエントランスは花ざかりです。

・真っ赤なバラ

・羽衣(はごろも)ジャスミン

・お日様の光を浴びると、白く光るサボテンです。

・ラン(蘭)

0 コメント