お知らせ 京都川上服飾専門学校

新着情報

2023年

1月

08日

園長ご飯

園長ご飯

ちょっとまとめて投稿します。

 

お野菜多め、バランスよく

彩り良く盛りつけるのを気を付けています。

 

目で見ても楽しい食事

ワイワイと皆さんも準備から食するのも楽しんでくださいね。

 

0 コメント

2023年

1月

02日

1月のご挨拶

あけましておめでとうございます。

 

卒業生から年賀状が嬉しい季節です。

一年に一枚のハガキに心が山盛り。

 

”川上学園で学んだ基礎が、とっても役に立って、職場での仕事が楽しいです。”

 

”コロナさわぎの中でも、お仕事はずっと続いています。手につけた特技が有難いです。

仕事の内容は極秘なので書けませんが、、、、”

 

などなど、思わず教職員の頬がゆるみます。

 

川上学園は、ソーイングとニッティングの2本の柱を建てています。

 

 ステキな糸をみつけたらサクサクサクサクと編みたいし、きれいな花や猫のリバティープリントのコットンローンはカタカタカタとブラウスにして着る、ミシンとロックは職業用、棒針、カギ針、アフガン針どれでもOK

 

パターンは原型から習います。編地はプレーンから始めましょう。

 

割り出しは川上学園のオリジナル。

プラスワンは秘密のグラフ

「KGグラフ」が有ります。

 

手横編機を使って、スピード倍増!

 

いつも、そばに手仕事が有れば、リアルとアバターにふりまわされるデジタル社会の中に居ても、自分やまわりの人々の心と身体を優しく包み込んで、人間らしい生き方を維持できます。

 

心にある想いを、手仕事で創造することで表現しようとするのは、人間の本来の本能だからです。

 

2022年

12月

31日

年越しそば

十割の生そばを使い

海老天と大根おろしを添えました。

 

ニシンの時もありましたが、今回は

この形にしました。

 

皆さんはどのような年越しそばを頂かれたのでしょうか?

 

2022年

12月

09日

基礎織りが織りあがりました。

基礎織りが完成しました。

 

布の基礎的な構成を理解するためにも

大きな糸を使って、基礎織りを実践しています。

 

糸と布、生地の組成が分かりやすく

直感的に理解しやすいのではと思います。

 

これを踏まえて、洋裁などの製作に取り掛かってもらうと、素材の特性などの理解も深まります。

 

なにわともあれ、織り上がってホッとしました。

 

基礎、基本を理解するための取り組みをこれからも、色々とやっていきたいと思います。

0 コメント

2022年

12月

04日

基礎織り完成間近

基礎織り完成間近

 

コツコツと続けてきた基礎織り

 

卓上織り機で、織りの基礎習得のため、オリジナル作品作りに努めてきました。

 

もう少しで完成する予定です。

 

ご期待ください。

 

これが完成すれば、マフラーやセーターなど、応用作品に取り掛かろうと思います。

0 コメント

2022年

12月

04日

12月のご挨拶

静かに考えられる時間が訪れた時のためにカラダとココロにしっくりと馴染む原型をいつも身近に置いておく

 

カラダとココロにしっくりと馴染むブラウスとスカート、今どきはズボンのカッティングパターンを、いつでも手に取れるところに置いておく。

 

創りたいと考えているウエアーや、生活に潤いを与える小物たちのT.P.O.にフィットする良質のマテリアルを見つけた日 サ・サ・サ・と手作りで着た日はしあわせ。

 

心がけたいことは、常に自分にとって、心良くなじむ時間を探し求めておくこと。

 

テーブルとその上にココロとカラダと手にしっくりとなじんだお道具達を並べる。

 

お道具達は、長い年月の間にめぐり会えたハサミ、コンパス、ルーラー、へら、等々の手に技術が有ったればこそ、集って来た。

 

愛おしい品々にかこまれてワクワクこなしながら作業をするのは至福のとき 永遠の希望

0 コメント

2022年

12月

01日

ワンピース完成

ワンピース完成しました。

 

お気に入りの柄の生地を使って

ワンピースが完成しました。

 

襟元と袖口の柄合わせに少し工夫をして、全体をまとめました。

 

昭和レトロ風?

中原淳一風? でしょうか?

 

細部はさておき、

初めての製作としては、まずまず良く出来ました。

 

今後にもっと期待!

 

0 コメント

2022年

11月

21日

バラ十輪

バラが十輪咲きました。

 

青虫に、葉っぱを食べられちゃって

すってんてんになりましたが

 

蕾は残っていて、十輪も花を咲かせてくれました。

 

それほど手入れをしているわけではないのですが、毎年咲かせてくれます。

 

ぜひ来年もよろしくお願いしますね

 

0 コメント

2022年

11月

18日

ワンピース完成間近

ワンピース完成間近です。

本縫い中

 

「せぶせ」

単衣(和裁)の着物の背縫い箇所に使用する生地ですが

今回は、ワンピースの裾に使っています。

 

そのほか、袖口や襟ぐりなどにも使ったりします。

 

適度なコシがあり、洗濯してもしわにならず

とても使い勝手がよいので、洋裁でも使っています。

 

0 コメント

2022年

11月

04日

ワンピース制作中 完成はいつ??

ワンピース制作中

 

完成へ向けてスピードアップ中です。

 

今月中には完成予定のようです。

こうご期待!!

 

2022年

11月

04日

秋の公開セミナーのご案内

秋の公開セミナーのご案内

 

実りの秋です ブラッシュアップしましょう

 

11/13(日)13:00~16:00 教育心理学

 

「大人になるということ」

 

相田貞夫 先生(元京都教育大学教授)

 

場所 川上学園 真如庵(東館 2階)

 

0 コメント

2022年

11月

01日

国際アパレル機器&繊維産業見本市 JIAM 2022 OSAKA

国際アパレル機器&繊維産業見本市 JIAM 2022 OSAKA

 

が行われます。

 

川上学園も、視察に行く予定です。

みなさんもいかがでしょうか?

 

来場には事前登録が必要のようです。

くわしくは

https://jiam-show.com/ja

2022年

11月

01日

11月のご挨拶

「欲しいのは自分服」というタイトルが雑誌や新聞に目立つようになって久しい。

 

2010年から2020年にかけて人々は自分服について、迷いながら進化してきた「飽食世代」が社会をリードして、人々の満足度は高くなった思われる。

 

けれども、どの反面、欲望は多種多様に発達展開して集約するのは、むつかしい時代になった

 

行き交う人々の服飾を眺めて思うことがある。

 

自分は 本当は何を求めていて、それはどうすれば手に入るのかを考えることもなく一生を終る人の多いこと

 

服飾にたずさわって生き、希望を表現し喜びを得ている者として提供すること

 

先ず基本的考え方を柱とし、多種多様に実現できるテクニック、その実現のために必要な基本的ノウハウを伝える。

 

人々の「欲しいのは自分服」は要服?用服?自分を飾る服?など

 

多彩な服飾を提供できる人々を育てるのが、川上学園の使命です。

 

0 コメント

2022年

10月

29日

園長ごはん(まとめ)

園長ごはん(今回はまとめ)

 

目でも食べてもらえるよう、色彩豊かに盛りつけるのを意識しています。

 

みなさんはどうですか?

 

盛りつけを「作業」とするか「楽しみ」「遊び」とするか

みなさん次第です。

0 コメント

2022年

10月

28日

卓上機 たくじょうばた

テキスタイルの学習の一環で

卓上機(たくじょうばた)実習を毎年行っています。

 

理論を実践を通して、その理解を深めていく

 

そんな取り組みをしています。

 

まずは基礎織りをみっちり、きっちりと

0 コメント